おりものが多いのはデトックスで

女性でおりものが多いということで悩んでいる方も多いと思います。
そもそも毎月の生理は、古くなった子宮内膜を経血ともに排出して、次の生理に備えるために新しくするものとも言えるのではないでしょうか。

 

デトックス

 

つまり、子宮のデトックスタイムともいえると思います。
古い子宮内膜が子宮内にとどまってしまい、新陳代謝が上手くおこなわれないと婦人科疾患などのトラブルに繋がりやすく、おりものにも影響が出てくるわけです。

 

 

そして、理想の生理日数は、意外と短くて4日と言われています。
それ以上ダラダラ続くようなら、子宮の毒素排出する力が落ちているかもしれませんよ。

 

 

また、デリケートゾーンのかゆみやかぶれは、経血が肌に触れる時間が長くなるほど起こりやすくなりますから、生理が短ければかぶれたりすることも少なくなりますからね。

 

 

経血がサラサラであれば無理に押し出す必要がないので、生理痛やおりもの心配も減ると思うんです。
今ほど生理用品が普及していなかった昔の女性は、トイレに行った際に経血を自分で出そうとしていたようですからね。

 

 

現代人の女性が出し切れなくなったのは、出し切る方法を教わっていないことや洋式トイレに変わってきて、膣に力を入れにくい座る姿勢になったこと。
そして、糖や脂質など多い食事を頻繁に撮るようになり、経血が粘っこくなって排出にしくくなったことが考えられると思います。

 

 

そして、身体にたまった毒素(汚れ)を出すのは、実は意外と簡単なんです。
毎日の生活に、ほんの少し「いい習慣」を取り入れるだけで、全身がきれいになってきて、おりものが多いという悩みも解消できるかと思います。

 

 

私たちは、朝、太陽が昇って目を覚まし、昼に活動し、夜、陽が沈んで眠りにつきますが、これが自然のリズムに合った正しい生活で、自律神経も整ってきます。

 

 

なので、早寝早起きの規則正しい生活を心掛け、朝、昼、夜のそれぞれの時間帯にふさわしい過ごし方で生活するだけでも新陳代謝や老廃物の排出が活発になり、身体に不要な毒素などもためることなく、健康を維持できるようになれるんですね。

 

 

腸や子宮、血液に溜まった毒素を排出(デトックス)して、身体を浄化するために、まずは毎日の生活や食習慣などほんの少し見直すといいかと思います。
おりものをはじめ、体の不調をから体を守れるか、見た目を若々しく保てるかは、毎日の過ごし方にかかっていると思います。

 

 

自分の体は自分で守る!薬などに頼る前に、そんな意識で日々のセルフケアーを続けていけるといいですね。(*^▽^*)