おりものの臭いの原因と対策

おりものの臭いでお悩みではありませんか?
おりものの臭いがきついと悩んで婦人科を受診する方も意外に多いものですね。

 

 

ですが、その多くは「気にしすぎ」のことが多く、正常なおりものの場合が殆どです。
そして、おりものの臭いの原因と言っても、子宮や膣を守ってくれる良い菌も多く含まれているので、正常なおりものにも臭いはあります。

 

 

通常は、およそ1か月ごとの生理周期の間に、日によっておりものの量や色などの見た目、臭いも違ってきますが、普段は良い菌が膣内を病原菌などから守っているくれており、それにより少し酸っぱいような臭いがするものです。

 

 

そして、注意しなければいけないおりものは、生理(月経)でない血液が混ざっている場合や、腹痛などを伴っている時など、いつもとは違う色や臭いがするもので、それがずっと続いたり、痒みや熱い感じがする時などです。
そのような場合には、速やかに婦人科を受診しましょう。

 

 

ですが、正常な状態にも関わらずおりものの臭いがきつくなっているような気がするようなら、陰部の蒸れもおりものの臭いを強くする原因になりますし、ついたままのシートや下着を長時間着用することなどが挙げられます。

 

 

それでもおりものの臭いがどうしても気になるようなら、対策としては、通気性の良い下着を頻繁に取り換えるようにすることが大切です。
その際には使わなくなった綿のシャツなどを長方形に小さく切って下着に当て、トイレのたびに取り換えるようにすると、外出時などに持ち歩くにも便利でしょう。

 

 

また、意外と間違ったデリケートゾーンのケアをしている女性も少なくありません。
例えば、ボディソープで膣内やその周りを洗いすぎていたり、使い捨ての市販のビデを使ってしまうと、膣を守ってくれる良い菌がいなくなってしまうので良くありません。

 

 

正しいケアの方法としては、ぬるま湯のみか、デリケートゾン専用のソープで膣の外側を丁寧に、ヒダ同士の間を指で撫でるように洗いましょう。

 

 

いずれにしても、おりものの臭い対策としては通気性をよくすることです。
そうすることで逆におりものの量を減らしたり、蒸れがなくなり、臭い予防や感染などを防ぐ事に繋がります。

 

 

したがったナプキンも、一般的には紙よりも布のほうが通気性が良いですし、臭いが気になるからといってパンツを穿くよりも、スカートのほうが締め付けや蒸れなどの通気性に関しては良いでしょう。

 

 

この川畑亜希さんの1日たった30分おりもの改善マニュアルでは、ある3つのことを実践するだけで、気になる臭いを抑えることができ、人前でも気にならなくなります。臭いの原因を理解して、その変化を実感してください。

 

おりものの臭いが気にならなくなる3つの方法をお教えします!

 

1日たった30分おりもの改善マニュアルの詳細を見てみる